いつもクリック応援ありがとうございます♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ

算命学

神様から与えられた使命を知って、お役目を全うして生きて行こう!【算命学】

皆さんこんにちは、たまこ(@nicori3580)です。今日は、使命星(伴星)についてお伝えします。多くの方は「私は何のために生まれてきたんだろう」と考えることってあると思います。

算命学では、今世、自分が与えられた使命を知ることができますので、是非参考にしてみて下さい。

使命星(伴星)とは?

算命学人体図を見ると、あなたの行動や性格、才能、配偶者など様々なことがわかります。星を活かせば、心が満たされたり、生きやすくなったり、成功に繋がりやすくなるということは、占いを勉強されている方ならなんとなくわかるかと思います。

そして今日お伝えする「使命星」「伴星」は、あなたの生き方の指針、先祖からの贈り物といったものになりますので、使命を生きて、人様の役に立たせる必要があります。

生き方が決まっているというエネルギッシュな方ならいいのですが、自分はこのままでいいのかな?と言ったときにこの伴星は指針になります。伴星陽占の左上の部分が使命星(伴星)となりますが、表示されないサイトも多くありますので、出し方もお伝えしていきます。

使命星はお役目というだけあって、使命感、充実感を持って生きることができるようになるでしょう。人によっては少々難しい場合が多いので、できないと感じることもありますが、使命に近い生きて行くと、先祖の後押しを得ることができます。

使命星の出し方

算命学使命星は、陰占から出します。年干と干合する干を出しておきます。日干×年干と干合する干の十大主星を算出します。
使命星例の場合、年干が「」なので、干合する干は「」です。

日干「」、年干と干合する干「」からの十大主星を出します。

例の方の使命星は「鳳閣星」となります。この方は「鳳閣星」に即した生き方をしていくことが、使命、お役目となります。

後半で各使命星については説明します。

下記に干合表と十大主星算出表も載せておきますので。ご自身の使命星を割り出してみて下さい。

干合表

甲×己
丙×辛
戊×癸
庚×乙
壬×丁

十大主星算出表

日干

貫索星
石門星
鳳閣星
調舒星
禄存星
司禄星
車騎星
牽牛星
龍高星
玉堂星

各使命星(伴星)について

算命学

TAMACO
それでは各使命星について解説をしていきます♪

貫索星

『信念をもってマイペースに生きる自力運』

貫索星の意味は、頑固、守る、マイペース、職人気質、自分看板などです。貫索星を使命星に持つ方は、自分でできる仕事をしましょう。周りになんと言われようと、自力運を与えられていますので、迷ったら、自分で努力して切り開くことです。

自分を守り、自分の守りたいものをひたすら守り続ける頑固さを持ちましょう。

そもそも人から言われて動く人ではないので、自分の好きなことを、自分に合った手法を見つけ、自分のペースで取り組んでいくとより満足感のある人生を生きることができます。

叉何かを成し遂げるには継続が大切です。やるからには、人のせいにしたり、怠けたりしてはいけません。自分の行動に責任を持ち、覚悟と信念を持って生きることが、あなたの先祖から与えられた使命です。

本当に好きなことでないと、やり遂げることは難しいかと思います。

石門星

『人脈が財産!柔軟な思考と社交性を活かす』

石門星の意味は、社交性、横のつながり、組織、リーダー、統率、政治、策略家などです。石門星を使命星に持つ方は、人脈が財産になります。沢山の人との交流が豊かさを生み出し行きます。

人脈を作るための社交性が与えられていますので、その力を活かして、グループを作ったり、組織を作ったり、自分が中心になって、周りを豊かにしていく意識を持つと良いでしょう。

一度あった人とは長く付き合うことを心がけ、信用と信頼を築く努力をしましょう。自分が上になったとしても、他者への感謝を忘れないことが重要になります。

鳳閣星

『自然体で他人への優しさを忘れない』

鳳閣星の意味は、自然体、衣食住、遊び、趣味、子供、表現、伝達などです。鳳閣星を使命星に持つ方は、怠けやすいので、自分に厳しく、他人に優しくを意識していきましょう。

趣味や遊びが得意なので、いつも自然体に生きて楽しい人生を歩みます。くるしくなったときは、自分らしさを忘れています。自然体で無理をせず、余裕のある生き方を心がけましょう。趣味を多く持つのも◎です。

芸術的才能や伝達分野における才能を持っていますので、表現者としても活躍できます。そんな表現の才能を活かし、人を元気づけ、楽しませることがあなたの使命です。

調舒星

『孤高の存在!孤独と自分を味方にする』

調舒星の意味は、孤独、孤高、感性、繊細、芸術、独特、個性、変人などです。調舒星を使命星に持つ方は、孤独に強い人間になることです。

特別な感性と才能を先祖から与えられました。芸術分野で力を発揮していくことが開運に繋がります。万人受けを狙うより、葛藤して、悩み苦しみ、孤独と闘いながらオンリーワンの作品を生み出すことがあなたの使命です。

自分の才能を信じて、生涯、その才能を磨き続ける努力をしていきましょう。

禄存星

『愛と奉仕を喜びとして生きる』

禄存星の意味は、人脈、金脈、回転財、サービス、奉仕、愛、平等などです。禄存星を使命星に生きる方は、奉仕の精神で生きることが使命です。マザーテレサ的な思考が理想です。

人にやってもらうより、やってあげることが生き甲斐になります。人には平等に愛を注ぎ、信用と信頼を築く才能が与えられています。孤立してしまうときは自己愛や承認欲求が強いときです。人に頼りにされる生き方をしていくと道が拓けてきます。

司禄星

『継続を大切に!家族と身近な人に愛を与え続ける』

司禄星の意味は、蓄財、貯金、蓄積、家庭、家族などです。司禄星を使命星に持つ方は、コツコツと努力を継続していくことが大切です。

非常にまじめでっ努力のできる才能を与えられていますので、家族に対して、社会に対して、すべてにおいて愛を蓄積していく精神でいましょう。

すべての蓄積が信用と信頼を得ることに繋がり、あなたの幸せに繋がります。途中であきらめてしまうと、またスタートからやり直すことになりますので、仕事などはできるだけ好きなことを選択するようにしましょう。

車騎星

『自分を剋しながら、愛と勇気を行動に移す』

車騎星の意味は、行動、前進、攻撃、正義、仕事、スポーツなどです。車騎星を使命星に持つ方は、世のため人のために動くだけのバイタリティが与えられています。

考えるよりまず行動という精神で、チャンスを逃さず、いつでも動けるようにしておくことが大切です。責任感に溢れる方ですので、スポーツや肉体労働など、自分の身体を剋しながらも、人に尽くすことで運を切り拓きます。

牽牛星

『責任を持ち、人のお手本となる生き方をする』

牽牛星の意味は、地位、名誉、名声、責任、サラブレッドなどです。牽牛星を使命星に持つ方は、真面目で頭の回転が速く、組織の中、ルールの中で、人を牽引する才能が与えられています。

地位や名誉を得るだけの力量があるため、周りの人のお手本となる生き方をする使命があります。何か一つでも良いので、突出した得意分野を身に付け、人に役立てると良いでしょう。リーダーとして、部下に示しの付くような在り方を目指すことでも、満足のいく人生が送れます。

龍高星

『ユニークさと自由さを活かし、革新を起こす』

龍高星の意味は、知識、新しいもの、改良、改革、革新などです。龍高星を使命星に持つ方は、発想のユニークさや頭の良さを与えられていますので、常に新しい情報や知識を求め、体験を通して学びましょう。

束縛されるような環境ですと力を発揮しにくいです。また学ぶこと、改良することをやめてしまっても、使命が果たせず、ただの放浪者となります。

常に夢やロマンを抱き、目標に向かって学び続けましょう。

玉堂星

『知識と探求心が自分も他者をも救う、教育者』

玉堂星の意味は、知識、伝統、教育、学び、研究などです。玉堂星を使命に持つ方は、習得能力に長けており、知識があなたを守り、他者を助けます。何歳になっても、広く深く学び続ける探求心を持ち、どんな環境からでも、そこには学びがあるという姿勢でいることが大切です。

人を育てる才能がありますので、インプットするだけではなく、アウトプットをすることが運気を上げていきます。教育分野などで力を発揮すると、良いでしょう。

まとめ

算命学使命星」についてまとめていきました。先祖から与えられた使命と才能ですので、少々大変そうですが、自分の持つ星を活かしながら、使命に沿って生きて行くことで、あなたの人生はどんどん道が拓けていくでしょう。

ここに書いてあることだけではなく、星の意味を自分なりに多方面から解釈してみて、先祖から与えられたご自身の使命を全うするよう努めてみて下さい。

-算命学
-

© 2021 CHISATAMA BLOG Powered by AFFINGER5