運命学

「調舒星」孤独と闘う芸術家!不運を糧に素晴らしい才能を発揮させよう!【算命学】

皆さんこんにちはたまこです。今日は算命学の陽線の十大主星の「調舒星」についてお伝えしていきます。十大主星というのは陰占から導き出したもので、この地球で行動するときのその方の本能の部分を表した部分です。自分らしく生きていると、星に近づいていきますので、自分がどの部分に何の星を持っているのかぜひチェックしてみてください。

自分の命式を調べたい方はこちら!

【調舒星】ってどんな星?

これまで十干についてまとめてきましたが陰占から十大主星算出表を使って陽占を導き出すことができます。陽占からはその方の本能的な行動を表しています。

「調舒星」は十干の中で火質の−に当たります。十干の「丁」と同じですね。火質は伝達本能を兼ね備えていますので「調舒星」も伝達本能が備わっています。「鳳閣星」は自然体でストレートな表現を好むのに対して、「調舒星」は自分のフィルターを通した表現を好みます。

要は音楽や絵など作品を通してという意味です。自分の才能や能力を通して表現したい思いがあるため、芸術家などに多い星となります。ただとても繊細で完成が豊かな分、内面に葛藤が多く、生涯孤独な感覚を持ちやすいです。外側への攻撃が強くなったり、そうでない場合は自分を攻撃するほど精神的な葛藤が強い方なのです。

「丁」と同じなので「調舒星」はろうそくのような小さな火なので、明るいところではこの方は輝けません。周りが閉ざされ暗く孤独な状態な方が、輝けるので、そのような生き方をしていきましょう。

【調舒星】の位置で現れる性格

調舒星が命式の中にある方は、ご自身の陽線を見て、どの部分にありましたか?

北にある方は、独立です。指導者としての素質がありますが、常に孤立しています。

東は空想です。友達が少なく常に不安を持ち、哲学的な部分も出てきます。

南は芸能です。演技がオーバーになります。

中央にある方は不運が土台です。中央は主星となりますので、よりその方の人生において最も生かしていきたい部分です。より調舒星の要素が出てくるので、不運が言動となり良い作品が生まれます。

西は諦めです。プライベートな部分なので、素が偏屈で愚痴なども多いタイプでしょう。

調舒星が極の星の場合

極の星は主星以外に、もう一つ命式の中で生かしていきたい部分です。

自分の極の星を調べる!

極の星が「調舒星」と出た方は、「調舒星」の特徴がより強く出ます。天才な部分と異人、変人的な部分の二面性があります。普通の生活にあこがれは持たずどこか謎に包まれた生き方をしているように思われます。

他の十大主星との二連変化

命式の中には5つの十大主星があります。ここでは調舒星が他の十大主星とのエネルギーが働くとどんな作用が起きるのかというのを書いていきます。どの位置にある星同士でもいいので、ご自身の命式にある星同士の作用をチェックしてみてください。

調舒星×貫索星

調舒星が火質−で、貫索星が木質+です。陰陽は和合している関係性となります。木生火で貫索星が調舒星を支えます。調舒星の孤独な部分を貫索星の守備本能が孤独への耐性を強くします。貫索星も個人の星なので、集団は向かず独立独歩の人生を歩みやすくなります。

調舒星×石門星

石門星が木質−なので、木生火と石門星が調舒星を支えますが、陰同士の反発があります。石門星は横との繋がりを大切にしますが、調舒星があることで集団の中で孤立したり、他の人とは違うという自尊心から個を作り出します。後天運にも石門星のエネルギーが来れば、石門星のエネルギーが倍になるため、組織のことを考えて、指導者的なポジションについたりします。

調舒星×鳳閣星

鳳閣星は火+の性質です。火質同士の比和であり、陰陽も和合します。陽の要素の方が強く出ますので、調舒星の要素が抑えられ、鳳閣星の自然体でおおらかな様子がうかがえます。ただ内面は神経質で繊細な部分が残っています。

調舒星×調舒星

火質同士で比和の関係にあります。陰同士の反発もあり、貫索星の質が加わります。調舒星の質が倍加し、迷いや葛藤が多くなります。また哲学の星と言われ、その時々の常識や習慣にこだわらない現実を超えた人となります。精神の未来が重複倍加されるため、有形の世界から遠ざかろうとします。調舒星は、常に完全を求め、物事の真理・哲理を追及します。

調舒星×禄存星

禄存星は土+の性質です。火生土で調舒星の要素が抑えられ、哲学的要素が抑えられます。陰陽は和合しています。この組み合わせは現実社会で能力も発揮され、財を残していくことができます。基本的には個人的な思考が強いため、政治力は持ちませんが、どんな組織に入ってもうまく立ち回り、公的資金を回転させ、素晴らしい能力を発揮していきます。

調舒星×司禄星

司禄星は土−の性質です。火生土ですが、陰の反発があります。司禄星は家庭の星なので、家庭を基準に、個人の意見を持ちます。個人の財産の蓄積などに才能を発揮させていきます。個人的な商いに才能を発揮しますので、狭い環境での闘争心が湧き、能力を発揮できます。

調舒星×車騎星

車騎星は金+の性質です。火剋金で車騎星を剋す関係です。陰陽は和合します。調舒星は精神世界で車騎星は現実世界ですので、車騎星が剋されて磨かれることで、車騎星の一本気な攻撃性と退くこと知らない攻撃性が表面に強く出ます。世渡りが下手な人として映ります。

調舒星×牽牛星

牽牛星は金−の性質です。火剋金で陰の反発もありますので、牽牛星が鍛えられ、普段の用心深い性質からは想像できないくらい動きが出てくるでしょう。プライドが高く財力で競うといった陰湿な喧嘩をします。名誉や財産の争うようになるため、牽牛星の貴人っぽさがなくなり、野蛮的になります。

調舒星×龍高星

龍高星は水+の性質です。水剋火ですが陰陽の和合があります。調舒星が剋され、調舒星の性質が磨かれていきます。調舒星は体力がありませんが、龍高星の忍耐強さが調舒星はを支える形となって和合します。故郷から離れても孤独に強く打ち勝っていくことができる組み合わせでしょう。

調舒星+玉堂星

玉堂星は水-の性質です。陰同士の反発があります。知性の星と孤独の星の激突で精神的葛藤がかなり強くなります。木質の石門星と貫索世がない場合精神的な障害があります。葛藤しながらも、精神性が強く向上します。不平不満を知性が抑えていますが、爆発することもあり、気象が激しい人です。バランスよく稼働すれば知的探求者として活躍できるでしょう。

まとめ

「調舒星」についてまとめていきました。調舒星が主星、極の星にあれば「調舒星」の性質を大いに生かしていくのが良いでしょう。調舒星は非常に精神的葛藤が強く現れますが、それを原動力に、芸術的才能を発揮させていきます。孤独を恐れず、周りから変人扱いされたとしても、自分自身を信じて、生きていきましょう。

超初心者にもデザイン簡単!おすすめ有料テーマ!

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

画像の説明文

このブログで使用している有料テーマです!

初心者の主婦でも簡単におしゃれで可愛いHPやブログを作成するのに最適です!

グーグル広告なども簡単に設置ができるのでお勧め!

1つあれば、何個もブログ運営できるので、私は3つのブログ運営すべて、アフィンガー5で対応!

-運命学
-, , , , ,

© 2020 CHISATAMA BLOG Powered by AFFINGER5