『庚』強い信念と決断力の持ち主!スピード感はぴか一!【干支】

ちさたまこ

十干の土の性質「庚」についてお伝えしていきます。

十干は基本的に日柱を見ます。その方が生まれたときから無意識レベルで、その性質を持っている重要な部分となります。

目次

【十干】とは?

この地球の空間にあるエネルギーを見える化させたものです。

この地球に存在しているありとあらゆるものは、陰陽五行で表されます。

算命学は私たち一人ひとりのエネルギーや、運勢を見える化させてくれています。ずっと同じ運勢なのではなく、日々変化しています。

十干五行自然界方角本能
木+大木守備
木−草花
火+太陽伝達
火−人工火
土+中央引力
土−田畑の土、大地
金+剣、斧、鉱石西攻撃
金−宝石、ハサミ
水+湖、大河、海習得
水−雨、霧

【庚】読み方は?

庚

「庚」は自然界のエレメントで、「剣」を表します。陰陽では金の陽(+)、金の性質の兄にあたります。

読み方は「かのえ」「こう」です。

【庚】のキーワードは?


庚
庚の特徴
  • 鋭い感覚
  • 強い信念
  • 頑固
  • 決断力
  • スピード
  • 現実主義

【庚】の特徴

庚
  • 自尊心が高い
  • 頭の切り替えが早く現実的
  • 与えられた使命に忠実
  • 自分の信念を貫く強さを持っている
  • ばっさり切り捨てる潔さ、経営者向き
  • スピード感が誰よりもある
  • お金に縁がある(庚申の方は特に)
  • 敵と味方をはっきり分ける
  • 攻撃的
  • 理想と現実のギャップに悩みやすい
ちさたまこ

日干はその方自身を表します。

「庚」は剣や鋼鉄を表します。鉄は打たれて形を変えますので、自分を酷使するようなところに身を置くことで、才能を発揮します。「戦いの星」「仕事の星」とも言われ、波乱のある人生を歩みます。甘やかされたり、過保護な環境に身を置くと、社会性のないダメ人間になります。

性格は勘が鋭く、理解力、行動力に溢れた人です。攻撃的に見られがちですが、損得勘定も持たずに突き進むため正義感溢れており、自分が犠牲になることを厭わない強さがあります。

負けず嫌いが良い方向に行けば、自分を鍛え一つのことに精通できます。こうと決めたら妥協はしない頑固なところがあります。

基本的に気性が荒いので、感情的になって損をすることもあるでしょう。人生楽な方へ歩んでしまうと才能も魅力も輝かず、ただ重いだけのお荷物になります。

熱中できるものを見つけましょう。

【庚】の著名人

「庚」は剣のように鋭い性質を持っています。男性でも女性でも頭が切れますし、仕事のスピード感や発言がかなり鋭いので、右腕に付けたらかなり強い味方になりそうです。最近調べた方だとメンタリストのDaiGoさんが「庚」でした。DaiGoさんのYouTubeなど好きでよく見てますが、あの鋭い発言には誰も太刀打ちできそうもありませんね。

【庚】の運気のUPポイント

  • 貴金属を身に付ける
  • 高層マンションに住んだり、高いビルのある場所がパワースポット
  • 信念やビジョンを周りに伝える
  • スピード感を持って取り組む

【庚】とその他の相性は?

陰陽五行
ちさたまこ

庚は金(+)です。金質は攻撃本能をつかさどっています。他の五行との相性についてみていきます。

【庚】×木性(甲・乙)との相性:金剋木

庚は金属なので、甲・乙(草木)を切ってしまうため剋す側です。

ただ、甲が多い場合は伐採や剪定する必要があるので庚は必要となる場合があります。

また丁も天干にある場合は薪として活用したいので、庚甲丁が天干に揃っていると◎です。

庚×乙【干合:金質(攻撃本能)】

「庚」は「乙」と干合しますが、干合しても「庚」は庚のまま変化しません。

非常に頑固な星です。一定の条件下では「乙」は「辛」に変化し、攻撃本能が生まれます。

庚
ちさたまこ

覚え方は「こうおつかきん」です。

干合表

甲⇔己→戊・己(引力本能)
丙⇔辛→壬・癸(習得本能)
戊⇔癸→丙・丁(伝達本能)
庚⇔乙→庚・辛(攻撃本能)
壬⇔丁→甲・乙(守備本能)

【庚】×火性(丙・丁)との相性:火剋金

火は金属を溶かすので庚は剋される側ですが、庚は火で溶かすことで形を変るので、庚と丁は必要不可欠です。

丙は太陽なので、大して意味のない関係です。火質が用神となる場合でも丙は用神とは言い難いと言えるでしょう。

【庚】×土性(戊・己)との相性:土生金

土から金属が発掘されますので土は金を生じる形となります。ただ、湿土である場合のみ金が生まれます。

【庚】×金性(庚・辛)との相性:比和

金属同士なので比和となります。

【庚】×水性(壬・癸)との相性:金生水

金属に水滴がつくため、金が水を生み出す形になります。

【庚】の各干支の特徴解説

庚

庚の干支は「庚午」「庚辰」「庚寅」「庚子」「庚戌」「庚申」の6種類です。

「庚午」

「庚午」は「出炉の金」と言い、炉から出たばかりの金で良くも悪くもなります。甘やかされて育つと運気が落ちます。竹を割ったようにさっぱりしています。女性も男勝りになります。内面を隠すように振る舞い、孤独な自分を隠すため知らず知らずのうちに人を楽しませようとします。

芸能界で活躍できます。学者、芸術家としても大成できます。豊かな才能と明晰な頭脳と引き換えに、短命で異性運があまり良くありません。短命を逃れるには水質の多い相手と結婚しましょう。

「庚辰」(魁ごう)

「庚辰」は「水路将軍」と言います。庚は西の方角で、戦いの神です。戌亥(水)が辰巳に流れるためこのように呼ばれます。天真爛漫でざっくばらん、我慢が嫌いな性格です。勝手きままで礼儀をわきまえません。変化に富んだ生き方が合っています。社会が混乱しているときほど活躍できます。

「庚寅」

「庚寅」の方は「絶中に生あり」と言います。金剋木なので大木を切り社会の役に立てることが自らの役割です。火質と木質があると運が開きます。現実離れしていて理想を追い求めますが無理が生まれます。目標と現実のギャップに苦しむので、バランスを意識しましょう。夢の世界をあきらめきれずにいると、後悔の多い人生となり、老後が空虚で不満だらけになってしまいます。

「庚子」

「庚子」は「沈石」と言われます。金が水の中に沈んでいくイメージです。世に出ない役立たずな人です。運勢を改良するには子と対中の「午」や害を作るの「未」を身近に置きましょう。現実逃避しがちなので、若いうちに、行動を起こせば成功します。行動を起こさなければ年を取って後悔します。女子は結婚をとるか仕事をとるかの運命になります。

「庚戌」(魁ごう)

「庚戌」は「陸路将軍」と言います。庚は西側の方角で剣を表します。戌は28元に丁があり、剣を磨けるため金神天門を守る形となっています。外見は柔和で優しいのですが、同調はしません。内側に闘争心があり、頑張る人です。平和な場所だと運が伸びないため、思いっきり動くことで運が伸びます。

「庚申」

「「庚申」は両方金質で「西方の金神」と言われます。「丁」と「甲」があれば財力、名誉、名声に恵まれます。攻撃性が強く軍人向きの性質で、厳しい人生を送りますが、用心深さも待っています。運勢をあげるには教養を身に付けることが必須となります。

傷体の業(庚辰・庚戌)

けがをしたり、身体を傷つけられます。ひどく傷つけられれば運気が上がります。三代くらい前に不慮の死を遂げた人がいる可能性があるので供養しましょう。

まとめ

庚

今回は「庚」についてお伝えしました。

ちさたまこ

日干には性質があると言われていますが、月柱、日柱、年柱、後天運によって、日干の状態が大きく変わるので、一概に日干だけで判断するような占いは意味がないということも頭に入れておきましょう

あなたの宿命を占うなら電話占いの【ココナラ】

\290種類の講座から選べる!/

ちさたまこ

今なら30分無料でお試し実施中!

対面での占いは通常10分3000円~5000円なので、『ココナラ』であれば、30分無料なのでお得です。

電話なら、顔がバレないので、聞きづらい内容も聞くことができちゃいます!是非この機会にお試し下さい!

低コストの独学なら【Kindle Unlimited】

\ 30日間無料でお試しできます! /

Kindle Unlimitedなら200万冊が読み放題!四柱推命の基礎知識も十分情報収集できちゃいます!

30日間なら無料でお試しできて、そのあとは毎月980円で読み放題!

ちさたまこ

私もいろんなことを知りたいタイプなので、Kindle Unlimitedを活用してます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次