【右脳で四柱推命】十二運星は意味なし?正しい身強身弱の判断について!

  1. HOME >
  2. 占術ノート >
  3. 四柱推命 >

【右脳で四柱推命】十二運星は意味なし?正しい身強身弱の判断について!

皆さんこんにちは、たまこです。

今日は、四柱推命の重要ポイントとなる身強と身弱の判断方法について解説していきます。

 

私はこれまで、誤った身強身弱の判断を学び、さらに通根というワードすら知らずに四柱推命もどきを学んでしまいました。

 

十二運星で判断する方法命式の五行を数えて点数で決める方法が主流のようですが、それらは本質的ではないということが分かりました。

 

三柱推命の教室を批判したいわけではなく、右脳で判断する鑑定の方が本質を突いてるなと思っただけです。

学んだことを少しづつシェアしていくので、一緒に知識を深めて行けたらと思います。

 

今回は、身強と身弱の判断や用神の判断方法についてシェアしていきます。

こんな方におすすめ

  • 本質的ではない判断方法について
  • 力量の判断の仕方
  • 右脳で判断する方法のメリット
関連記事
【四柱推命を柱別で解説】三柱推命の教室は避けよう!

続きを見る

こんな判断は本質的ではない!

注意ポイント

  • 十二運星の数値で判断している
  • 帝旺、建禄、冠帯があれば身強
  • 死、墓、絶があれば身弱
  • 通変星に吉凶を付ける
  • 季節の力や全体の力量を見ず五行をただ点数で数える
  • 蔵干から一個取り出して通変星を付ける
  • 三柱推命で鑑定している
  • 学んだり弟子をとるために50万~100万かかるところ

私はこれまで、上記の内容を教えるような教室で学んでしまいました。

 

上記の教えが間違っているとかではなく、本質的な鑑定ができないということに気が付きました。

ちょっと嫌な言い方をすると、上記の占いはエンタメ要素の強い四柱推命もどきです。

 

私は50万円近くかけて、四柱推命もどきを学び始め「最初は当たってるかも!」と思ってましたが、長く学んでいるうちに、どんどん迷走していきました。

 

しかし、右脳を使う四柱推命を学び始めてから「四柱推命ってこんなに奥が深くて楽しいものだったんだ!」と改めて四柱推命を学ぶ姿勢になりました。

上記の四柱推命が本質的ではない理由

四柱推命で重要なのは、身強身弱の判断用神の取り方です。

 

しかし、四柱推命もどきの教室では、身強身弱の判断はそこそこで、十二運星の点数の合計で判断するので、型にはまった要素が強いです。

十二運星にエネルギー値があり、三柱の十二運星の合計で判断します。

3~10はスペシャリストタイプ、精神主義者

11~19はバランサータイプ

20~36はジェネラリストタイプ、物質主義者

という感じでした。

 

本来、身強身弱の判断は用神をとるために必要です。

根があるのか、月令を得てるのかをみる必要がありますが、三柱推命の教室では、星の特徴を覚えるだけで、蔵干、月令を得る、通根、透干といったワードは一切触れることなく、鑑定士を名乗れる資格を与えられます。

 

そもそも四柱推命を伝えていた泰山先生 自身も途中まで間違ったものを伝えてしまっていて、間違った知識がそのまま派生して様々な流派が出来上がってしまったので、四柱推命もどきを教えている教室も自分たちが正しいと思って教えています。

 

なので、誰が悪いわけでもありませんし、誰かを責めても意味がないので、自分で正しい情報を得る必要があります。

関連記事
【四柱推命はどこで学ぶ?】こんな教室は偽物かも?お金を無駄にする前に!

続きを見る

八字全体を見て力量を判断する!

三柱推命や十二運星、神殺などの考え方は、八字だけで占うのは華やかさに欠けるということで、日本人が作ったオプションのようです。

確かに、十二運星などがあると、初心者には非常に覚えやすくて、なんとなく当たってる気もするので、取っかかりやすいことは確かです。

 

ちなみに、十二運星を使っているところはどんなことを教えているかと言うと

劫財+帝旺があるから組織のトップとして活躍できる!

比肩+建禄があるから個人で突き抜ける!個人事業向き!

傷官+沐浴は芸術家向き!

正財+墓は超蓄財家!莫大な財産を手に入れる

といった判断をします。

 

習ってるときは、そうなんだー!と鵜呑みにしていましたが、「あれ?全然違う!」という人も大多数いることに疑問を持ちました。

みんながみんな当てはまらないのは、命式の五行の力量がひとりひとり違うからです。

 

1+1=2と型にはめた判断や、日干の干支を見て部分的に判断するのではなく、命式の八字の全体を見て判断することで、かなり本質を突いた鑑定に近づくことができます。

右脳でイメージして判断する!

「月令を得てるか判断してるよ」「八字全体を見て身強や身弱の判断をして鑑定してるよ」という教室だとしても、下記のやり方も本質的ではありませんので、注意が必要です。

  • 格をとるやり方
  • 命式と後天運の五行に点数をつけるやり方

これらは型にはめるやり方なので、左脳的な四柱推命です。

右脳的な四柱推命は、日干がどんな状態になっているのかをイメージして、力量を判断していきます。

 

右脳・左脳について

右脳→イメージ力や創造力、五感を使って色や音など認識する器官

左脳→計算や言語など理論的思考を司る器官

 

もう少しわかりやすく説明すると、

小学生のとき、絵の具で絵を描いたりしたかと思います。

その時、青色が何グラムで赤色を何グラム測って紫色を作りましたか?

 

青よりの紫とか赤寄りの紫とか、を混ぜて薄色の紫とか、感覚で色付けしていったと思います。

 

それと同じで、命式の判断も五行の境目はそんなにきっちり測れるものではありません。

 

性格も運命も、人それぞれ全部バラバラなのに「1+1=2です」というように「あなたは印綬格だからこうです!」と答えを出すやり方をしています。

 

どうしても型に当てはめたいなら、四柱推命でなくて、動物占いや血液型占いで十分だと思います。

右脳的な四柱推命が本質を測れる理由

きちんと点数つけた方が、正しい判断ができるのでは?という意見もあると思いますが、五行の点数を数えるやり方だと、五行のバランスを見ることはできますが、具体的なアドバイスに欠けてしまうことになります。

【右脳で四柱推命】正しい相生相剋の判断してる?

続きを見る

上記の記事でも説明してますが、十干の特徴をきちんと理解していないと的外れなアドバイスをいうことになりかねません。

 

火の五行が来るときにバランスが取れる命式があったとしても、自然界の中だと丙と丁は全く扱い方が違います。

 

例えば、

畑仕事をしてる農家さんに「焚火をしたら作物が育つよ」

木こりさんに「斧を太陽に当てたらよく切れるようになるよ」

と的外れなアドバイスを言っているようなものです。

 

右脳でイメージするやり方なら「もうすぐ丙が回る時期がくるから、もう少しの辛抱です」とか「斧を火で溶かして叩いてね」と伝えることができます。

 

自分で情景をイメージしながら伝えれば、お客さんもわかりやすいのではないかなと思います。

 

あくまで、私の意見なので、お客さんの不安を取り除き、幸せに導ける鑑定ができるならどんなやり方でも良いと思うので、右脳を使った鑑定を目指したい方は、泰山流後期を伝えている教室で学ぶことをお勧めします。

 

徹底的に四柱推命を学びたいなら子平館で、四柱推命以外の占いや、占い師として稼ぐノウハウも学びたいならほしよみ堂が良いかなと思います。

おすすめ教室
【四柱推命学び直し!】9割の流派が間違った教え?おすすめ教室も紹介!

続きを見る

おわりに

  • まとめ

    • 十二運星で身強身弱を判断しても意味がない
    • 命式や後天運の干支に点数をつけて判断する方法もあまり本質的ではない
    • 右脳を使った四柱推命を学ぶなら子平館がおすすめ

文章だけでわかりにくかったと思うので、次回からは具体例を命式を使って命式をイメージするやり方をまとめてきます。

-四柱推命
-,