いつもクリック応援ありがとうございます♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ

十大主星

十大主星の表す意味は?潜在的な能力の把握や人付き合いにも役立つ!【算命学】

皆さんこんにちは、たまこです。今日は算命学の十大主星についてまとめていきます。命式(陰占)から導き出した、宿命図(陽占)では「十大主星」「十二大従星」をみて、潜在的な本質や性格、内面、行動パターンなどがわかります。

今回は十大従星の見方をお伝えしていきたいと思います。

十大主星とは?

算命学宿命図(陽占)は十大主星5個、十二大従星3個の星をみて、個々の本質を読み解きます。宿命図からわかることは、潜在的な才能や性格、本能や価値観、欲望などです。

上手く行っている方は、無意識に星を活かして行動している方が多いです。ただ、才能に関しては、自分でも気が付かないことが多いので、算命学で自分を知ることは非常に人生に役に立つと言えます。

十大主星は10個の星があり、貫索星、石門星、鳳閣星、調舒星、禄存星、司禄星、車騎星、牽牛星、龍高星、玉堂星です。1人につき、5つの十大主星とプラスα使命星1個です。

個々の星の性格も大きく違いますし、星の位置によっても若干要素が違ったりします。また、その組み合わせによってもまた別の個性がでてきます。

ですので、この星があるからこんな性格と単純なものではありません。社会に見せる顔と、プライベートの顔が違うのも、宿命図でわかりますし、結婚前と結婚後で、性格が違うと感じるのも、星で見たら納得できるのです。

十大従星の見方

算命学宿命図の算出方法は本や、学校などで、教えてくれます。今はネットで簡単に算出してくれるので、ここでは見方だけお伝えします。
命式を調べたい方はこちら!

宿命図

十大主星
こちらの図が宿命図(陽占)です。北は頭、中心が胸など、人体を表しているので、人体図とも言います。

中央は、自分の本質です。ここがすべての中心となり、人との付き合い方や、仕事のやり方、生き方など全方面で関わってくる部分です。

は、親や目上に見せる顔であり、付き合い方、また老後の考え方を表します。また親から受け継いだ才能であったり、若いとき現れる、土台の性格表すこともあります。

は、仕事や友人、恋人など、社会や公で見せる顔であり、付き合い方を表します。仕事を決める際は東の星を意識した職業を選ぶとやりやすいでしょう。

西は、配偶者やプライベートで見せる顔です。ここの星が違うと、外で見せる顔と家で見せる顔が違うと思われやすいです。また配偶者が星通りの性格になっていきます。休日などに個々の星を満たす行動をすると、充実度が変わります。

は、自分の精神や人生観を表し、目下や子供に見せる顔です。中年になれば、子供ができたり、部下ができたりします。その時の付き合い方や教育方法などが現れます。逆に、星通りの子供や部下ができるとも捉えることができます。人生観が出るので、仕事を決める際に南を意識すると、心が満たされやすくなります。

宿命図は様々な見方ができますが、ざっくり人生の流れを表しており、東から西へ、北から南へという形で見ていきます。東は社会で活躍しているときで、西に行くにつれて配偶者とともに過ごし最期を迎えます。そして、北は若いうちは親に育てられ、南に行くにつれて自分の子供の面倒を見るという見方ができます。

人との付き合い方

算命学人生の悩みの9割は人間関係、1割は健康とも言いますよね。宿命図では人付き合いや、理想の恋愛相手や結婚相手も見ることもできます。

ちなみに十大主星は10個の星がありますが、陰陽を変えた5つのグループです。

五行 陽(兄) 陰(弟) 本能
木質 貫索星 石門星 守備本能
火質 鳳閣星 調舒星 伝達本能
土質 禄存星 司禄星 引力本能
金質 車騎星 牽牛星 攻撃本能
水質 龍高星 玉堂星 習得本能

相手と同じ星、または兄弟星を持っていれば、相手の気持ちが理解しやすいと考えられます。例えば、貫索星があれば石門星の気持もわかりますし、鳳閣星があれば、調舒星の気持ちがわかります。五行全部バランスよく宿命図に持っていれば、複雑な性格の持ち主となりますが、相手を理解できる範囲が広くなります。

逆に、3つ以上五行が同じ星を持っている人は偏った性格となります。偏っている分個性を発揮するのには良いのですが、人付き合いも許容範囲が狭くなりがちです。持っていない星の相手に対しては、理解する努力をしなければいけないので、人付き合いに苦労する可能性があるでしょう。

恋愛でも相手と同じ星が多い方が理解し合えるので、上手く行きやすいです。下記に理想の恋愛相手や結婚相手の見方の記事も張った置きますので、相手の理想のタイプをリサーチしてみて下さい。


結婚を切り出してくれない!パートナーの求める理想の結婚相手の特徴を知ろう!【算命学】

皆さんこんにちはたまこです。前回に引き続き、今日はパートナーの理想の結婚相手についてお伝えしていきます。理想の恋愛相手とは見る場所が違いますので、今付き合っている彼(彼女)と結婚したいという場合や、結 ...

続きを見る

まとめ

算命学十大主星についてまとめていきました。星の位置によって性格や行動が若干変わってくるので、各十大主星の解説もしているので、参考にされてみて下さい。

-十大主星
-

© 2021 CHISATAMA BLOG Powered by AFFINGER5