【四柱推命】蔵干について!三合会局、方合も図で解説!

ちさたまこ

蔵干の理解は命式の身強身弱の判断に影響するのでとても重要なので、蔵干についてまとめていきます。

蔵干を理解せず、十二運星を用いて鑑定をしてしまうと身強身弱の判断を間違います。身強身弱を間違うと用神の取り方が変わってしまうので、運勢を正しく判断できません。

下記のような鑑定は本質的ではないのでやめましょう。

  • 「帝旺があるから身強」
  • 「身強だからこんな性格!」
  • 「十二運の合計数が9以下だから身弱」
  • 「身弱だからこんな性格!」

エンタメとして占いを楽しむなら良いと思いますが、学問として学び始めた方は迷走してしまいます。

十二支の蔵干を理解することで、今後の鑑定でも適切な身弱・身強の判断に繋がります。

この記事でわかること
  • 十二支の蔵干について
  • 三合会局、方合の結びつきについて
目次

十二支の五行

子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の十二支も五行に分けられ、季節や方角を示します。

辰未戌丑は土質の動物ですが、上記のように4つにグループ分けすることができます。

は後天運で巡る天干によって通根する十干がコロコロ変わるので要注意です。

蔵干を理解しておくと、辰未戌丑戊己の以外にも通根する場合があることや、三合会局で五行が変化する十二支があることを理解できます。

十二支が持つ蔵干とは?

蔵干とは、十二支が持つ2~3個の十干のことです。

字のごとく、くらの中の十干です。

十二運星で身強身弱を判断するところは、蔵干にを全部見ません。

生まれた日時から蔵干を1個だけを採用して、通変星十二運星を付けて鑑定するので、通根や月令、力量は完全に無視です。

ちさたまこ

蔵干、通根、月令について大して習わないのに何十万も払う教室は注意です。

蔵干表

蔵干は下記の図のように十二支にそれぞれ2~3個の十干が含まれています。

蔵干の中は適当に並んでいるわけではなく、余気は前月の正気の名残があるので、正気の十干が次の月の余気に来ていることが分かります。

9割の四柱推命の教室では、余気に生まれた人なら余気の蔵干、中気に生まれたなら中気の蔵干を使い、通変星と十二運星を付けます。

何度も言いますが、蔵干を1個取り出して、通変星と十二運星をつけても命式の力量を判断していなければ、本質的な鑑定ができません。

ちさたまこ

三柱推命が主流ですが、三柱だけでは力量はわかりません。
時柱もみて、蔵干もすべて見てやっと半分くらいの鑑定ができるので、四柱推命は奥が深いです。

三合会局について

下記の図のように十二支を円に並べ、四正(子卯午酉)を中心にそれぞれ正三角形を結んだ十二支が三合会局の仲間です。

  • 亥卯未 木質が強まる (三合木局)
  • 寅午戌 火質が強まる (三合火局)
  • 巳酉丑 金質が強まる (三合金局)
  • 申子辰 水質が強まる (三合水局)

真ん中に来る卯午酉子の十二支は四正といって一番季節が盛るときの十二支です。なので蔵干は1つの五行の性質しか持ちません。

は火質だけでなく土質も含まれる理由は、火土同根の原理で、火質は土質の根っこになるからです。巳午未丙丁戊己の根っこになります。

ちさたまこ

三合会局は「いうひつじ」「とらうまいぬ」「みとりうし」「さるねたつ」…と四正が真ん中に来るように覚えましょう。

三合木局

  • 亥卯未が揃うと強力な木質になります。(三合木局)
  • は水質の動物ですが、がいると蔵干の同士が結びつき木質に変化します(正気半会)
  • は土質の動物であり、火質グループの仲間ですが、がいると蔵干の同士が結びつき木質に変化します(雑記半会)
「未」の注意点

」単体では木剋土で甲乙の根っこにはなりません。甲乙の根っこになるには必ず三合木局卯未の半会である必要があります。

三合火局

  • 寅午戌が揃うと強力な火質になります。(三合火局)
  • は木質の動物ですが、がいると蔵干の同士が結びつき火質に変化します(正気半会)
  • は土質の動物であり、金質グループの仲間ですが、がいると蔵干の同士が結びつき火質に変化します(雑記半会)
「戌」の注意点

」火生土で生じられる側なので、単体では丙丁の根っこにはなりません。必ず三合火局午戌の半会である必要があります。
また、火土同根の原理を誤って丑辰戌丙丁の根っこになると認識している人がいるようですが、間違えです。火土同根の原理は、巳午未の火質の十二支が戊己の根っこになることを言います。

三合金局

  • 巳酉丑が揃うと強力な金質になります。(三合金局)
  • は火質の動物ですが、がいると蔵干の同士が結びつき金質に変化します(正気半会)
  • は土質の動物であり、水質グループの仲間ですが、がいると蔵干の同士が結びつき金質に変化します(雑記半会)
ポイント:「丑」について

」は土質ですが、ほとんど水と言える動物で性質が変化しやすいです。三合金局のときや酉丑の半会のときは庚辛の根っこになります。
ただし、土質(戊己)水質(壬癸)の力量が強い場合は土の根っこになったり、水の根っこになったりコロコロ変化します。

三合水局

  • 申子辰が揃うと強力な水質になります。(三合水局)
  • は金質の動物ですが、がいると蔵干の同士が結びつき水質に変化します。(正気半会)
  • は土質であり、木質グループの仲間ですが、子がいると蔵干の同士が結びつき水質に変化します。(雑気半会)
ポイント:「辰」について

「辰」は土剋水なので、単体では壬癸の根っこにはなりません。三合水局のときや子辰の半会のときは壬癸の根っこになります。
ただし、土質(戊己)木質(甲乙)の力量が強い場合は土の根っこになったり、木に根っこになったりコロコロ変化します。

正気半会、雑気半会について

一つが欠けた状態を半会と言いますが、四正(卯午酉子)との組み合わせでないと半会とは言えません。
蔵干を見ると理解できるのですが、亥未、寅戌、巳丑、申辰では蔵干の同質五行の陰陽が違うので結び付きません。

四正(卯午酉子)のリーダーがいないと半会は成り立たないのです。

  • 正気半会:亥卯、寅午、巳酉、申子
  • 雑気半会:卯未、午戌、酉丑、子辰

方合(方三位)について

下記のように十二支が揃うと、方合や方三位と言って、五行の力が強まります。

  • 寅卯辰 木質が強まる(東方合)
  • 巳午未 火質が強まる(南方合)
  • 申酉戌 金質が強まる(西方合)
  • 亥子丑 水質が強まる(北方合)

下記の図で見ると、亥子丑は北側、寅卯辰は東側、巳午未は南側、申酉戌は西側にあるのでそれぞれ〇方合と呼ばれます。

ちなみに、半方合といって2つの組み合わせでも結びつきますが、四正(子卯午酉)が入っていないと半方合にはなりません。亥丑、寅辰、巳未、申戌では半方合と言えません。

下記の蔵干を見るとなぜ亥丑、寅辰、巳未、申戌が半方合にならないかが分かります。

東方合

  • 寅卯辰は3つ揃うと東方合と言って木質の力量が強くなります。
  • を介すと寅卯卯辰でも半方合となりは木質になります。

南方合

  • 巳午未は3つ揃うと南方合と言って火質の力量が強くなります。
  • を介すと巳午午未でも半方合となりは火質になります。

西方合

  • 申酉戌は3つ揃うと西方合と言って金質の力量が強くなります。
  • を介すと申酉酉戌でも半方合となりは金質になります。

北方合

  • 亥子丑は3つ揃うと北方合と言って水質の力量が強くなります。
  • を介すと亥子子丑でも半方合となりは水質となります。

終わりに

蔵干についてまとめました。蔵干を見ると、なぜ三合会局、方合が結び付くのかが理解できたかと思います。

結び付くと、五行が変化したり、力量が変わってくるので、命式の身強身弱の判断に影響します。しっかりと覚えたい内容です。

あなたの宿命を占うなら電話占いの【ココナラ】

\290種類の講座から選べる!/

ちさたまこ

今なら30分無料でお試し実施中!

対面での占いは通常10分3000円~5000円なので、『ココナラ』であれば、30分無料なのでお得です。

電話なら、顔がバレないので、聞きづらい内容も聞くことができちゃいます!是非この機会にお試し下さい!

低コストの独学なら【Kindle Unlimited】

\ 30日間無料でお試しできます! /

Kindle Unlimitedなら200万冊が読み放題!四柱推命の基礎知識も十分情報収集できちゃいます!

30日間なら無料でお試しできて、そのあとは毎月980円で読み放題!

ちさたまこ

私もいろんなことを知りたいタイプなので、Kindle Unlimitedを活用してます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次