いつもクリック応援ありがとうございます♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ

紫微斗数

【紫微斗数】命盤の各宮の意味は?算命学や四柱推命学んでる人にもお勧め!

皆さんこんにちは、たまこ(@nicori3580)です。前回に引き続き、今回も紫微斗数についての記事です。今回は命盤の宮についてです。

四柱推命は八字で運気の流れなどを見ることができますが、紫微斗数は結婚運、恋愛運、仕事運、財産運など、12個の項目に分かれてるので、細かい診断ができます。占い初心者の方でも習得しやすい占いです。

今日は12個の宮について解説していきます。

自分の命盤を出したい方はこちら!

12個の宮の意味を知ろう

西洋占星術でホロスコープがハウスで分けられているように、紫微斗数も12個のきゅうで分けられています。

  • 父母宮ふぼきゅう:両親、目上との関係
  • 命宮めいきゅう:自分自身
  • 兄弟宮けいていきゅう:兄弟、同僚などとの関係
  • 夫妻宮ふさいきゅう:結婚運、配偶者との関係
  • 子女宮しじょきゅう:子供との関係、恋愛パターンや好みを表す
  • 財帛宮さいはくきゅう:財運
  • 疾厄宮しつやくきゅう:病気、疾患を表す
  • 遷移宮せんいきゅう:移動、引っ越し、対人関係、第一印象、外面を表す
  • 奴僕宮ぬぼくきゅう:部下、ファン、客、目下との関係を表す
  • 官禄宮かんろくきゅう:仕事運
  • 田宅宮でんたくきゅう:遺産、財産運
  • 福徳宮ふくとくきゅう:趣味、余生、精神的に満たすもの

前回の十四主星と同様、この12個の宮の意味を覚えることが重要になってくるのですが、この12個の宮もイメージで覚えると覚えやすいです。

覚え方

一番上に父母宮がありますが、自分自身を表すのは2番目にある命宮です。

まず自分自身(命宮)は両親(父母宮)から生まれてきますので、1番目に父母宮があり、次に命宮が来ます。

兄弟や友達と過ごす時期が来ます。(兄弟宮)

恋愛・結婚して、夫婦関係になります(夫妻宮)。そして子供ができます(子女宮)。

出世したり収入も安定してきます。(財帛宮)

歳を取って、健康にも気を遣います(疾厄宮)。

家を持ったり、引っ越ししたり、住む場所が変わったりします(遷移宮)

部下ができたり、商売している人はお客さんやファンができます。(奴僕宮)

仕事で出世したりします。(官禄宮)

遺産を残す、相続の準備をします(田宅宮)

最期は何も持っていけないので、精神が残ります。(福徳宮)

宮の4つの関係性

紫微斗数は命盤といって円状に反時計回りで並んでいます。順番は同じですが、命宮がどの位置にくるかは一人ひとり違います。

こちらのサイトでは下記のように命盤が算出できます。

そして各宮はそれぞれでも意味がありますが、宮同士の関係性によっても意味合いが変わってきます。宮同士の関係性でまず覚えておきたいのが4つです。

  • 隣宮りんきゅう
  • 三合宮さんごうきゅう
  • 対宮たいきゅう
  • 三方四正さんぽうしせい

隣宮りんきゅう

隣宮りんきゅうは名前の通り、隣の宮のことです。先ほど書いたイメージで、隣には何が来るのか覚えておきましょう。

命宮なら兄弟宮と父母宮が隣宮になります。

三合宮さんごうきゅう

三合宮は三角形の位置関係にある宮のことです。上記の図は色分けしてますが、わかりにくい場合は、4番目に来る関係性のことと覚えておけば大丈夫です。三合宮の位置関係にある宮同士は強く影響し合います。

  • 命宮、財帛宮、官禄宮
  • 夫妻宮、遷移宮、福徳宮
  • 父母宮、子女宮、奴僕宮
  • 兄弟宮、疾厄宮、田宅宮

このように一つの宮を見るときには、三合宮も同時に判断材料に入れるとより深い鑑定になります。

昔の人は人を評価するとき財産(財帛宮)と地位(官禄宮)で判断していたので、命宮、財帛宮、官禄宮がとても重要視されていました。

対宮

対宮は対面同士の宮です。

対宮の関係になると、新しい意味ができます。

例えば命宮は自分自身で、遷移宮は引っ越し、旅行、海外などの移動運です。

命宮の対宮として遷移宮を捉えると、自分の外側=外面、外向きの自分という見方になり、遷移宮は第一印象を表す部分にもなります

他の宮も対宮になると意味が変わってきますので、また別のときに詳しく解説します。

三方四正さんぽうしせい

対宮と三合宮を合わせた関係性を三方四正さんぽうしせいと言います。

特にこの命宮、官禄宮、財帛宮、遷移宮の4つは特に自分に関わる部分なので、実際の鑑定でよく使うことになるでしょう。

身宮しんきゅうについて

身宮しんきゅうは人生の後半の自分自身を表す宮です。

身宮は命宮、夫妻宮、財帛宮、遷移宮、官禄宮、福徳宮のどれかに入ります。

ただ身宮がどの宮に入るかはあまり関係がありません。身宮になんの星が入っているのかが重要です。13個目の宮として捉えると、混乱しないと思います。

同宮どうきゅう

専門用語で同宮どうきゅうと言うことがあります。例えば、遷移宮の中に身宮が入ってたら、遷移宮と身宮が同宮するといいます。一緒に入っているという感じです。。

今後も同宮という言葉はちょこちょこ出てくるので、覚えておくと良いでしょう。

おわりに

12個の宮と身宮についてお伝えしました。12個も宮があって覚えるのが大変かもしれませんが、イメージで覚えておけば、すぐ覚えられるかと思います。

三方四正の宮は鑑定のときによく使うことになるので、まずは三方四正をしっかり読めるようになっていけたら良いと思います。

また、鑑定の仕方については例題などを使ってUPしていきたいと思います。

-紫微斗数
-

© 2022 CHISATAMA BLOG Powered by AFFINGER5