いつもクリック応援ありがとうございます♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ

開運日

「戌の日」とは?安産祈願と言われる理由、やることについて!【開運日】

皆さんこんにちはたまこです。今日は「戌の日」についてまとめていきたいと思います。というのも先日私が妊娠5カ月を迎え、戌の日参りに行ってきたこともあり、戌の日とは何なのか、いったい何をする日なのかということをまとめていきたいと思います。

戌の日とは?

戌の日戌の日の戌は十二支の戌のことで、12日に1回やってきます。この戌の日は安産を祈願する日に最適とされています。というのも犬はお産が軽いこともあり、昔から安産の象徴とされてきたからです。

妊娠5カ月の最初の戌の日に妊婦さんやその家族は神社で安産祈願をしに行きます。行かないという方もいらっしゃいますが、昔からの風習ですし、家族皆で行かれる場合は、家族の集いとして会食なども楽しむこともできますので、一種のイベントですね。

具体的にやることは?

戌の日帯祝いと言って、妊婦さんのお腹に腹帯というものを巻くという儀式があります。神社によって金額は違うようですが、5000円から10000円ほど祈祷料を払って、神主さんに安産の祈祷をしてもらいます。場所によっては腹帯を巻かず、御朱印を押してもらい、オリジナルの腹帯セットを頂くというところもあります。どんな内容かは神社によって違うので、HPなどで確認してみましょう。

ちなみに私は妊婦帯を自分でネットで購入しました。腹巻とベルトがセットになっているタイプなので、お腹の大きさに合わせて、腹巻だけつけたり、両方つけたり、変えることができるので便利です。腹巻タイプなので、妊娠後期になってきたらきついかもしれないので、きついのが嫌な場合は、さらしなど巻くタイプが良いかと思います。

戌の日参りの服装は?

戌の日特に正装でなくて大丈夫でした。神社によると思いますが、戌の日や大安は平日でも人がかなり多いので、待ち時間が1時間以上ある可能性があります。なので動きやすい恰好や履きなれた靴で行くのが良いと思います。

まとめ

戌の日戌の日は安産祈願のための日という感じなので、何をすると開運、何をしたらダメというのはないようですね。妊娠したら、5ヶ月目の最初の戌の日に、是非、お近くの神社にお参りに行かれてみて下さい。

 

-開運日
-

© 2021 CHISATAMA BLOG Powered by AFFINGER5