いつもクリック応援ありがとうございます♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ

守護神

調候の守護神の活用方法!自分の生き方を知ろう!【算命学】

こんにちは、たまこ(@nicori3580)です。前回調候の守護神についてまとめていきました。今回は、ご自身の命式に調候の守護神があった場合、それを最大限活かす、活用方法についてまとめていきます。


命式を調べたい方はこちら!

調候の守護神早見表

算命学

月支
日干
①丁
②庚
①丁
②庚
①丙
②癸
①庚
②己
①庚
②丁
①癸
②丁
①癸
②庚
①庚
②丁
①丁
②庚
①丁
②庚
①丁
②庚
①庚
②丁
①丙
②戊
①丙
②甲
①丙
②癸
①丙
②癸
①癸
②丙
①癸
②丙
①癸
②丙
①癸
②丙
①丙
②癸
①癸
②丙
①癸
②丙
①丙
②戊
①甲
②壬
①壬
②甲
①壬
②庚
①壬
②庚
①壬
②甲
①壬
②庚
①壬
②庚
①壬
②庚
①壬
②甲
①壬
②甲
①甲
②壬
①甲
②壬
①甲
②庚
①甲
②庚
①庚
②甲
①庚
②甲
①甲
②庚
①壬
②庚
①壬
②庚
①甲
②庚
①甲
②庚
①甲
②庚
①甲
②庚
①甲
②庚
①丙
②甲
①丙
②甲
①丙
②甲
①丙
②甲
①甲
②癸
①癸
②甲
①癸
②甲
①癸
②甲
①丙
②癸
①丙
②癸
①甲
②癸
①甲
②丙
①丙
②甲
①丙
②甲
①丙
②甲
①甲
②丙
①丙
②癸
①癸
②丙
①壬
②丙
①癸
②丙
①丙
②癸
①丙
②癸
①甲
②丙
①丙
②甲
①丁
②甲
①丙
②丁
①丙
②甲
①丁
②甲
①甲
②丁
①壬
②丙
①壬
②辛
①丁
②甲
①丁
②甲
①丁
②甲
①甲
②壬
①丁
②甲
①丙
②壬
①丙
②壬
①己
②壬
①壬
②甲
①壬
②甲
①壬
②癸
①壬
②己
①壬
②庚
①壬
②甲
①壬
②甲
①壬
②甲
①壬
②丙
①戊
②丙
①丙
②甲
①戊
②庚
①戊
②辛
①甲
②庚
①壬
②庚
①癸
②庚
①庚
②甲
①戊
②丁
①甲
②辛
①甲
②丙
①戊
②丙
①丙
②辛
①丙
②辛
①辛
②丙
①辛
②庚
①辛
②丙
①辛
②壬
①辛
②壬
①辛
②壬
①丁
②甲
①辛
②丙
①辛
②甲
①辛
②丙

年柱の守護神

算命学

年柱(東側)は未来、仕事、兄弟、友人、同僚といった意味を表します。

年干に守護神がある場合

  • 目上の人の加護がある
  • 目上の意見に従うとスムーズ

年干は目上の人、父親の位置となります。年干にある守護神を活かすには、目上の方に尽くすことを役割とします。両親だけではなく、ご先祖様にも守られており、目の見えないところで守られることが多いと感じることが多いかと思います。

何か新しいことを始めるときには、目上の方の意見を取り入れてみたり、従うようにすることで、道は拓けてきます。

年支に守護神がある場合

  • 社会的立場に恵まれる
  • 未来を切り開く、次世代後継者
  • 一芸に秀でる

年支は未来守護神と言って、次世代の後継者の役割を持ちます。親の後を継ぐ方もいれば、会社の後継人となる方など様々です。

運を切り開くには友人や同格の考えを持つ人の助言を聞くと良いでしょう。

年支に守護神のある方は、仕事も順調で社会的立場に恵まれやすい人です。次世代の後継人として活躍することができます。

月柱の守護神

算命学月柱(中央)は足場、家系、職場、心といったものを表します。

月干に守護神がある場合

  • 夢が叶いやすく、成功しやすい
  • 新しい世の中を作り出す
  • 時代の変化で頭角を表す

月干は天下取りの守護神とも言います。月干は子供、目下を表します。自分より目下の方や若い方の意見を取り入れることで成功しやすくなります。新しいものをどんどん取り入れる力があり、発想が豊かです。

時代の変化に強く、平和より、波乱が多い方が芽が出ます。晩年は安泰になります。

月支に守護神がある場合

  • 現状維持を守り抜く

現状維持を守り続ける役割があります。時代の流れに合わせたり、安定した場所に身を置くと力を発揮できます。

日柱の守護神

算命学日柱(西方)は過去、蓄積、配偶者などを表します。

日支に守護神がある場合

  • 物事をまとめる役割
  • 結婚後に運気が上がる

自分の才能より、配偶者の力が大きいので、結婚した方が、運気は良くなる方です。何か行動するときは配偶者の意見を取り入れるとスムーズとなります。

日支に守護神がある方は、まとめる、締結する、完成するといった役割を担います。たとえ挫折しても、停滞しても、諦めずに継続する必要があります。

二十八元表

算命学日支、月支、年支の二十八元を調べたい方のために載せておきます。

二十八元素早見表

初元 中元 本元

まとめ

算命学ご自身の守護神がどの位置にあるか確認できましたでしょうか。様々な位置にある方もいれば、1つもない、1個だけあるといった方など様々かと思います。

守護神の位置を知ることで、自分の役割を知ることもできますし、誰からアドバイスを聞くとスムーズにいくのかがわかります。是非活用してみて下さい。

-守護神
-,

© 2021 CHISATAMA BLOG Powered by AFFINGER5